ホワイトニング|沼津の歯医者

ベル歯科医院

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

0559248088

ホワイトニング

ホワイトニングとは

image

歯のホワイトニングとは、濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあて、ゆっくりやさしく持続的に脱色していきます。ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、歯の構造を変えずに歯が白くなり、安全です。

その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。歯科医師の指導を受け、自宅で行って頂くホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

症例のご紹介

image

よくあるご質問

Q そもそもホワイトニングって何ですか?

歯のクリーニングをしてもきれいにならない変色している部分を、削ることなく歯の表面にホワイトニング剤をおくことで白くしていく方法です。マニキュアのように歯の表面に色を塗るわけではなく、不自然な感じもありません。

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングがあります。当院ではホームホワイトニングをおすすめしています。

Q 自宅で行うホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングは、歯科医院の指導のもと、ご自宅で行う方法です。専用トレーにホワイトニング剤を入れ、就寝時に装着して一晩放置し、朝起きて外します。これを片顎約2週間ずつ続けます。効果が出るまでにある程度の期間が必要ですが、専用トレーがあれば何回でも使用できる利点があります。

Q どんな歯でもホワイトニングできますか?

ホワイトニングはご自分の歯にのみ可能です。ホワイトニングで詰め物や被せ物、差し歯の色を変える事はできません。そのため、ホワイトニング終了後にそれらが目立ってしまうことがあります。

Q 誰にでもできますか?

妊娠している可能性がある方や妊娠中、授乳中の方、知覚過敏のひどい方(歯がしみやすい方)、歯が発達していないお子様などは、避けられた方がよろしいかと思います。また、無カタラーゼ症の方はできません。

Q 一度白くなった歯はどれくらいもつものですか?

ホワイトニングは一生もつものではありません。個人差はありますが、基本的には元に戻ります。追加でジェルを購入して、追加漂白(タッチアップ)を行ったりすれば、ある程度持続させることも可能です。

Q 体に安全ですか?副作用はありますか?

ホワイトニングに使用するホワイトニング剤は、過酸化水素、過酸化尿素がベースになっており、体に悪い影響はありません。アメリカではADA(アメリカ歯科医師会)とFDA(アメリカ政府食品医薬品局)にて許可がとれており、1,000万人以上の方に使用されております。

ページトップへ戻る